koz-case

ビッグフィッシュハンター大久保幸三公式ブログ

その他

同感

まずは、オイラは誰かのブログやHP、フェイスブックをほとんど見ないのですが・・・

昨日デコイのスタッフが書いているブログを、たまたま見た時、

めちゃめちゃ共感できる記事が書いてありました。

その内容は下記の通りです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

OCCUPIED JAPAN

戦争を知らない子供達世代なので
MADE IN OCCUPIED JAPANと言われても解りませんが、
戦後占領下にあった時に、輸出されていたときの表記だそうです。
いまは平和、自由呆けしている私どもも含めた、JAPANですが、、、

この一年の円安

自社海外工場とはいえさすがに堪えます・・・想定できるんかい、できんのかい?
さすがにどうにも出来ませんが、言い訳する前に何か手立てが必要です。
そうです・・・何が何でも今は国内生産頑張るときなのです
今の国内投資のタネは将来円高になれば花!

MADE IN JAPAN のプライドをみせてほしいもんですわ~

円高になればですが

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

まったくもって、その通りだと思います。

全ての産業において、そうなのだと思いますが、

オイラが知っている全てのことは、釣り業界のことだけなので、

釣り業界の皆様に思っている事がここに書かれていました。

目先数年間の利益を求めるよりも、

MADE IN JAPAN のフィッシングタックルのブランドの誇りを守ることと、

知的財産の海外流出をいいかげんストップしなければいけないタイミングなのは間違いないと思います。

出来る事なら、日本のフィッシングメーカーが一致団結しブランドの誇りを持って

MADE IN JAPANにこだわらなければ

近い将来各アジア諸国にひっくり返される事になり兼ねないと懸念を持っています。

ソルトワールドvol 100 の記念企画で

オイラの師匠である鈴木文雄さんと高橋大河さんと対談させて頂いた時、

鈴木さんが、”オールジャパン”と何度もおっしゃっていた事は、まさにこの事だったのだと最近思うようになりました。

今回のデコイのブログはまさに、皆が幸せになれる方法の一案だと心から同感する次第です。

皆様も是非、デコイのスタッフが書いているブログに目を通してください。

MADE IN JAPANのフィッシングタックルのブランド力は安売りしては絶対にアカンと思います。

 

-その他