koz-case

ビッグフィッシュハンター大久保幸三公式ブログ

フルコンタクト

我らフルコンタクトのポリシー

image

今年、2014年4月…

我らフルコンタクトは2010年7月4日に、サンキャット22の新艇で創業スタート!

当初、シーバスボートとして湾内のシーバスをガッツリと、しっかりと攻め切れる様にとの思いから、小回りが効くサンキャット22でスタートしたのですが、明石方面へ遠征する時や、多少の海が荒れた時などに、 お客様に水飛沫がかかってしまう事が、サービス業としてどうしても許され無い事だと自負し、シーバスゲームの小回りの良さを持ちながら、明石方面へ遠征する時や、荒れた海況でも快適に移動出来、しかもお客様への水飛沫が激減するであろう…

トップラン24CSの新艇に115馬力エンジンを載せた…

二代目フルコンタクトに…

今年、2014年4月に乗り換える事にしました。

全てはお客様に少しでも快適に釣りを楽しんでもらう為に!

とは言うものの、沢山のお客様が乗船していただき、フルコンタクトを愛してくださっていたげているからこそ、約4年で新艇に乗り換える事が出来ました。

この場でお礼申し上げます。

ありがとうございますです。

新艇に乗り換えて半年がだった先月…

快適に!そして安全に!お客様に釣りを楽しんでもらう‼と言うポリシーの我らフルコンタクトとして、許すまじき事件が起こってしまいました。。。

それはあろう事か、お客様がご乗船されているタイミングで、エンジンのコントロールユニットのシャフトが折れてしまい、舵が全く効かなくなってしまい、およそ2時間もの間漂流してしまったのです。。。

ホンマありえへん事です。。。

ご迷惑をおかけしてしまったお客様…

ホンマに、ホンマに申し訳ございませんでした。

不幸中の幸いにも直接命の危険な状況にさらされるようなシチュエーションでなかった事が救いと言えばそうだったかも知れませんが、大型船舶の往来が頻繁な大阪湾で、100%安全なエリアなど有り得ないのかもしれません。。。

ホンマ無事に切り抜けられて良かった。。。

このトラブルの原因は、船を購入した販売店と、メーカーの双方がパーツの発送を間違え、それを技術者がテクニックで無理やり組んでしまった事だったのたそうだったのです。。。

当日までの間、キャプテン師範代は何度か舵に違和感を覚え、オイル交換などのメンテナンスの度に、チェックする様に要望してましたが、販売店はその不具合を発見する事が出来ずにその当日をむかえてしまいました。。。

いろんなアンラッキーが重なり、こんな事が起こってしまいましが、我らフルコンタクトとしては、同じ事を繰り返す事を絶対に起こらない様に手を尽くすのが最善策と考え、まだ購入して半年足らずのNEWエンジンでしたが…

150馬力のNEWエンジンに積み替える事にしました。

正直、手痛い出費にはなりましたが、お客様への安全の為に、また、より快適なボートになるのならば!と思い、思い切った買い物をしました。

自画自賛ではございますが、我らフルコンタクトはお客様に安全で快適な釣りを楽しんでもらう事にポリシーとプライドを持って、いままでも!そしてこれからも取り組んで行きます!

image

また、この場で皆さまが知らないであろう事をバラすと…

キャプテン師範代は毎航海が終わった後、2時間程かけて船を洗い、隅々まで掃除をします。これは我々が他の遊漁船に乗船した時に、快適に楽しく感じる船を思い、具体化して、創業以来欠かさずおこなっている事です。

もちろん真夏の太陽の炎天下でも、真冬の凍て付く真夜中でも、プライベートで下見をした時も、どんな時でも欠かさずおこなっています。稀に冬の氷点下で水道が凍ってしまい、水が出ない夜には、翌日の昼に港まで船を洗うためだけに訪れる程です。

洗い方も手にブラシなどを直接持ち、よく見える体制で洗い残しが無いよう心掛けています。

熱い日も寒い日も、出港が続くハードな日にも、一切手をぬかずに洗います。

汚れが無い綺麗な船で快適に、気持ち良く釣りを楽しんでもらいたい気持ちかキャプテン師範代を突き動かしています。

そんなフルコンタクトへ是非遊びに来て下さい。

思いっきり気持ち良く釣りを楽しんで下さい。

なぜこんなブログを書いたのかと言うと…

今日のお客様H様は、エンジンの舵が壊れ、2時間漂流してしまった時のお客様当事者だったのです。

簡単に感謝の言葉が見つかりませんが、H様ホンマに、ホンマにありがとうございました。

前向きに“フルコンタクトのポリシー”を守って来たご褒美だと受け取ります
(* ̄▽ ̄*)ノ"

-フルコンタクト